農薬

ニュースリリース

BASF、特定の市場においてイノベーション主導型の成長を目指した農業分野の戦略を発表

BASFアグロソリューション事業部門は、マーケットシェアの拡大と農業市場の成長率を1%上回る成長を目指し、2030年までに50%の売上増を目指しています。BASFグループが目標とする、アクセラレータ製品(BASFのサステナビリティ評価ツールにより、バリューチェーンにおいてサステナビリティに大きく貢献すると判断された製品群)により2025年までに売上220億ユーロを達成するという目標にも大きく貢献します。BASFアグロソリューション事業部門の特別項目控除前EBITDAは年間平均成長率5%を目標にしています。

BASF ジャパン、畑作用殺菌剤「イントレックス®フロアブル」を10 月1 日に 販売開始

BASFジャパン株式会社は、畑作用の新規殺菌剤「イントレックス®フロアブル」を10月1日に販売開始します。小麦の赤さび病、雪腐病や、てんさいの葉腐病、根腐病など、主に北海道で問題になっている畑作物の病害の防除において、高い予防、治療的効果を発揮します。

BASF、野菜向けに新たな生物農薬による害虫防除のソリューションを提供

BASFはオーストラリア害虫獣医師会(Australian Pest and Veterinary Medicine Association)から、新しい微生物殺虫剤 Velifer®(ベリファー)の登録を取得しました。この製品は、利用可能なあらゆる防除技術を活用する総合的病害虫管理のアプローチで使用された場合、温室などの設備内で散布される殺虫剤に対して、害虫が抵抗性を持つことを防ぎます。

持続可能な農業のためのイノベーション

BASFは農業向けソリューションの発売予定の製品のパイプラインを大幅に拡充しており、2028年までに発売が予定されている製品の総売上高は60億ユーロにのぼる見通しです。パイプラインには、化学的および生物学的農薬製品、種子および形質、ならびにデジタルソリューションが含まれています。これにより、革新的で持続可能な農業における当社の主導的地位がさらに強化されます。

BASFジャパン、新規殺菌剤「アクサー®フロアブル」と「イントレックス®フロアブル」を販売開始

BASFジャパン株式会社は、BASFが開発した新規有効成分ゼミウム®(成分名:フルキサピロキサド)を含む「アクサー®フロアブル」と「イントレックス®フロアブル」の2つの新規殺菌剤を2019年に販売開始します。これらの新しい殺菌剤は果樹と畑作物の主要な病害に対して強力かつ長期間防除効果を発揮します。