農薬

プロダクトスチュワードシップ

BASFのプロダクトスチュワードシップと、農薬製品の適切な使用について

  • BASFは、開発から使用、そして廃棄まで、全ライフサイクルを通して当社の農薬製品の責任ある倫理的な管理を行っています。
  • BASFアグロソリューション事業部の経営陣はプロダクトスチュワードシップにおける目標設定に責任を負い、グローバルレベルで実績の見直しを行っています。
  • BASFは全従業員が日々の業務の一環として、プロダクトスチュワードシップに対して個人的責任を持つような文化を促進しています。
  • BASFは一貫した国際基準の導入や策定を助け、ベストプラクティス(成功事例)を推奨するため、お客様や供給業者と緊密に連携を図っています。
  • BASFは環境保護、健康、安全性能におけるさらなる改善を促すことにつながる、食のバリューチェーンにおけるパートナーシップを歓迎しています。
  • BASFは70か国以上で生産者に対して行われている、責任ある使用に関する業界のトレーニングやナレッジトランスファー(知識伝達)プログラムを継続的にサポートしています。