1051

農薬

BASFの姿勢

現代の農業における課題は農業生産者から消費者まで、多くの人に影響を及ぼしています。多岐に渡る時事問題に対する当社の姿勢についてまとめました。

農薬製品を提供する大手企業として、BASFは革新的な研究および技術を通じて、持続可能な農業にコミットしています。私たちは、食料、農業、環境、従業員、そして世界への貢献について真剣に考えています。私たちは開発から使用、リサイクル、最終廃棄まで責任を持って製品の管理を行っています。

持続可能な農業

BASFにとって、持続可能な成長とは、長期的な事業の成功と環境保護、社会的責任を意味します。

バイオテクノロジー

植物バイオテクノロジーは、より安定した収穫、より高い収量を可能にします。

生物多様性

生物多様性と農業は密接に結びついています。世界の人口が急増するなか、BASFでは天然資源の保全と農作物の生産のバランスを取ることが必要であると考えています。

食の安全と残留農薬

植物にとっての農薬製品は、人間が健康を維持するために使用する薬のようなものです。潜在的な残留農薬があらゆる消費者にとって安全な場合のみ、農薬製品は認可を受けることができます。

プロダクトスチュワードシップ

BASFは、開発から使用、そして廃棄まで、全ライフサイクルを通して当社の農薬製品の責任ある倫理的な管理を行っています。

ミツバチへの影響

BASFはミツバチの保護に取り組んでおり、ハチのコロニーの死滅が増加している原因を探る研究をサポートしています。

BASFは革新的な農薬製品や、ストレス耐性のある作物を開発し、スチュワードシッププログラムを実施、サポートすることで、水資源の保護と、持続可能な水管理に貢献しています。

複合毒性

化学品を組み合わせることで出る影響のことを、複合毒性といいます。BASFは潜在的リスクを効果的に管理し、消費者と環境の保護において高い基準を維持するための対策の特定、実施に取り組んでいます。

偽造防止

製品の偽造や違法製品に対する取り組み