技術を活用し持続可能な農業を実現

現在の農業は、これまでにないほど複雑になっています。予測不可能な気象、病害や害虫、雑草の防除、市場価格の推移、天然資源の不足といった課題を踏まえ、BASFでは生産者のために革新的な解決策を生み出すことに全力を尽くしています。

適用拡大登録のご案内

【New】 2020年10月14日

カスケード®乳剤の登録内容が更新されました。

製品一覧

2020 BASF 農薬要覧

(「2020農薬要覧」は2020年4月1日時点の情報です)

季節予報:12月中旬にかけて、全国的に平年より気温が高くなると予測されており、全国的に暖かな気候が続いております。

★2020年11月23日~2020年12月22日の予測

北海道では北部を中心に積雪がみられ、10cm以上積もるところも出てきました。
天気予報によると、積雪量は平年並みの地域が多いと予想されていますが、九州、西日本の日本海側では平年より多いという予想も。ラニーニャ現象も続いておりますので、油断禁物ですね。
寒くなってくると空気の乾燥も気になります。特に注意が必要なのは、マスクを外す事の多い家の中の湿度。
エアコンを使用される方は加湿器などで湿度を調節するのも良いかもしれません。

※季節予測は月に2回の更新を予定しています。
※本データはBASF社(日本国外)の予測情報をもとに掲載しています。
※実際の天候と異なる場合もありますので、直近の天気予報などを参考にしながら作業スケジュールにお役立てください。

xarvio<sup>®</sup> - Digital Farming Solutions

ザルビオ デジタルファーミング ソリューションズ

JA全農とBASFが日本での上市に向け協業開始。日本農業の抱える課題にアプローチ。 

JA全農とBASF デジタルファーミング社(独)は、人工知能(AI)を活用した栽培管理支援システム「xarvio<sup>®</sup> FIELD MANAGER(ザルビオ フィールドマネージャー)」を、2021年4月に日本でリリースすることを目指し協業を開始致しました。  詳しくはこちら

作物別ソリューション

果樹生産者向けソリューション

果物は水分やビタミンの補給源、ワインなどのお酒の原料と、様々な役割を担う作物であり、気候や人々の嗜好に合わせ、世界中で多種多様な品種が栽培されています。

野菜生産者向けソリューション

野菜はビタミン類、食物繊維、抗酸化物質などの補給源として重要な役割を果たしています。

大豆生産者向けソリューション

大豆は重要なたんぱく源であり、食料や飼料、油に使われているだけでなく、バイオディーゼルの生産にも使用されています。

ばれいしょ生産者向けソリューション

ばれいしょは安定した生産力があることから、原産地の南アメリカからヨーロッパ全土に広がり、今や各国で栽培されている主要な畑作物です。

水稲生産者向けソリューション

水稲は世界でそして日本で最も重要な食用作物であり、食の安全の確保において重要な役割を果たしています。