農薬

オーストラリアのゴルフ場には○○○がいる!

環境緑化製品 |

GWの休暇を利用して、オーストラリア西部の都市「パース」へ行ってきました。

知っているようで、意外と知らないことの多いオーストラリア。
簡単にオーストラリア紹介をしますと、

正式な国名は「オーストラリア連邦」。イギリス連邦の加盟国で、歴史・文化・スポーツなどイギリスとの関わりが深い国です。=(ゴルフも盛ん!)
国土は日本の約20倍もあるのに、人口は約2,400万人。因みにカンガルーは推定約5,000万頭以上もいるそうです。

そんなオーストラリアのゴルフ事情ですが、これが驚きの連続。
オーストラリアの人口約2,400万人に対して、ゴルフ場数は約1,500件。
(日本は、人口約1億2,400万人に対して、ゴルフ場数は約2,300件)
そして気になるプレイ料金ですが、日本円で約2,000~3,000円ぐらい(もちろん高級なゴルフ場はもっと高いですが)でプレイできてしまう!ゴルフ好きの方にとっては天国のような所です。

必然的にゴルフもわりと身近なスポーツのようで、「ジェイソン・デイ」選手をはじめとして多くのプロゴルファーを輩出し続けています。

そんな夢のようなゴルフの国、オーストラリアのゴルフ場では・・・

・・カンガルーが芝をおいしそうに食べています。
奥の方では、ダルそうにお昼寝中のカンガルーもいました。

日本ではまず見られないゴルフ場の光景ですね。ほのぼのとしますね。
そんな少し変わった環境でゴルフをやってみたい方は、ぜひオーストラリアでプレイしてみてはいかがでしょうか?

BASFはオーストラリアでもゴルフ場の芝や、様々な作物用の農薬や農業資材のビジネスを展開しています。
日本とは異なる環境条件の中で、地域に合わせたソリューションの提供を行っています。ぜひ世界のBASFの取組にご興味があれば、以下のサイトをのぞいてみて下さい。(英語)

【BASFオーストラリア 環境緑化製品】
http://www.pestcontrol.basf.com.au/products/turf-solutions/
【BASFオーストラリア クロッププロテクション】
http://www.agro.basf.com.au/crop-solutions


追伸:オーストラリアの大型農家の方は、東京23区より大きな面積をGPS管理、自動化された機械を用いて、様々な作物を栽培して方もいるそうです。

環境緑化製品部:坂本

 

ブログ投稿のリストに戻る

カテゴリー

アーカイブ