3256

農薬

xarvio<sup>®</sup> - Digital Farming Solutions

ザルビオ デジタルファーミング ソリューションズ

JA全農とBASFが日本での上市に向け協業開始。日本農業の抱える課題にアプローチ。 

JA全農とBASF デジタルファーミング社(独)は、人工知能(AI)を活用した栽培管理支援システム「xarvio<sup>®</sup> FIELD MANAGER(ザルビオ フィールドマネージャー)」を、2021年4月に日本で リリースすることを目指し協業を開始致しました。 

日本農業における農地集約は年々加速してきており、大規模営農が増加しておりますが、一方で、圃場一筆一筆の大きさは従来と変わらないケースがほとんどです。このような、圃場数を増やすことによる大規模経営は決して容易なものではなく、「いかに効率的に圃場管理を行うか」が大きな課題となっております。JA全農とBASFの協業により、この大きな課題の解決に取り組みます。 

xarvio - FIELD MANAGER

xarvio<sup>®</sup> FIELD MANAGER(ザルビオ フィールドマネージャー)について

ザルビオ フィールドマネージャーは人工知能(AI)を活用した栽培管理支援システムであり、2017年にグローバルでサービスを開始し、2020年には世界15ヵ国で300万ha以上の農地で活用されています。 

作付けする作物やその品種情報、タイムリーな気象情報、人工衛星からの画像解析データといった様々な情報をAIによって解析することで、その圃場に合った最適な管理を提案します。ザルビオ フィールドマネージャーは、圃場一つ一つにカスタマイズした効率的な栽培管理をサポートする新しいデジタルソリューションです。 

xarvio FIELD MANAGER ザルビオ・フィールドマネージャーの紹介

ザルビオ フィールドマネージャーの主な4つの機能

「Field Monitor・フィールドモニター」

xarvio - FIELD MONITOR

気象や衛星画像データといった圃場固有のデータをタイムリーに取得し、それらを視覚化・デバイス上で確認することが出来ます。透明性が高まることで、情報に基づいた意思決定をシーズンを通して一貫して行えます。

「Spray Timer・スプレータイマー」

xarvio - FIELD MONITOR

圃場毎のリスクを特定し、病害等のリスクが高まるとアラートで通知がされ、効果的なタイミングでの散布をサポートします。モバイルデバイスにも通知が届くため、いつでもどこでもリスク管理をすることができます。

「Zone Spray・ゾーンスプレー(可変散布)」※

xarvio - FIELD MONITOR

圃場毎の生育状態などに合わせて散布液量を調整した散布マップを作成し、農機と連動した精密な散布を可能とします。必要な場所に必要な分だけ処理が可能となります。
※対応する農機を使用した場合

「Nutrient Management・ニュートリションマネジメント(施肥管理)」※

xarvio - FIELD MONITOR

施肥の必要な時期や量を知ることが出来ます。必要な時期をアラートで通知し、生育状態などに合わせた施肥マップが作成できます。これを農機と連動することで精密な施肥を可能とします。
※対応する農機を使用した場合

 

2020年7月2日に発表されたニュースリリースはこちら